2010年12月31日

2010年 ご挨拶

今年もあと少しで終わりですね。

ガジェットネタで振り返るなら、今年はやっぱりAndroidの1年だったかな。Xperiaの発売により本格的な普及期に入り、その後のGalaxyや国産Androidへと、販売台数的にも知名度的にも、めざましい成長を遂げましたね。

そんなわけで、今年の1台をあげるとするなら、やっぱりXperiaかなぁと思います(購入したのは発売半年後でしたけどw)。来年は国産Androidの1年になるでしょうから、外国勢に負けることなく、素晴らしい端末をたくさん発売してもらいたいですね。

あと、WP7も日本での発売早くこないなぁ(*´ω`*)

個人的には散財の1年でもありましたかねぇ^^;
まあ、これは振り返ると怖いので、もう振り返りませんけどもw
しかし、まさかラスト2ヶ月くらいで、いままで1台ももっていなかったAndroid端末が、一気に3台も増えるとは…

ま、なにはともあれ、本年もありがとうございました。
そして、新年もよろしくお願いいたします。

年が明けたら、ずっと我慢してるMBA買っちゃおうかなぁ(*´ω`*)

posted by Thyme at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し

2010年12月27日

日本通信版 IDEOS

Amazonでの取り扱いが始まったみたいですね。

U300の例から考えても、今後多少は値引きされるのかな?

Ariaを買っていなければ、間違いなく手を出していたでしょうけど、さすがに現状では必要なさそうかなぁ

唯一気になるのは、日本通信のIP電話サービスですが、これはそのうち他のAndroid端末でも使えるようになるみたいですから、そしたらXperiaで使ってみたいですね。

 

posted by Thyme at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月22日

htc Ariaでテザリング

Ariaの目玉機能のひとつがテザリングでしょう。アドホックなWi-Fiテザリングはいままでにもありましたけど、インフラストラクチャーでのWi-Fiテザリングはスマートフォンではめずらしい。そしてなにより、イーモバが公式にも認めているというのも大きいですよね。

devicedevice5

というわけでさっそく…
「Pocket WiFi S」のようにウィジェットこそありませんが、いちおうショートカットは用意されています。設定→無線とネットワークからもたどり着くことができます。

device2

アプリを起動するとこんな画面になります。一番上のチェックを入れると「ポータブル Wi-Fi Hotspot」が起動します。セキュリティもWPA2まで対応していますし、基本的な機能としては十分かな?

device3

初期状態では端末接続制限がかかっていて、許可していない端末からの接続は受けないようになっています(設定で変更可能)。
初めてつなぐ端末からの接続があった場合には、通知に「接続リクエストを受信しました」という項目が現れ、これをタップすると

device4

このような画面が出てきます。
ここで許可のチェックのほうをタップすると登録されて、次回からは確認無しに接続できるようになります。このようなユーザー管理をオフにしたい場合には、一番上の項目のチェックをはずせばOKです。

いままで存在したWi-Fiテザリングのアプリと比べても、非常に使いやすくわかりやすいデザインで動作もいまのところは安定しています。速度もイーモバが使える地域であれば、テザリングがボトルネックとなる事はあまりなさそうですし、Wi-Fiルーター専用機と比べても十分実用に耐える機能だと思いました。

 

posted by Thyme at 01:15| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月21日

htc Aria やっぱりATOK

日本語入力といえばATOK。パソコンでもずっと使っているので、これがあると無いとでは大違いです。

そんなATOKですが、モバイル版も素晴らしく、WMでも愛用しておりました。このたび、Androidでもトライアル版が公開されて、これまたすごく変換が賢くて、iPhoneの日本語変換とは天と地ほどの差があります。しかし、このトライアル版は本来docomoのAndroidスマートフォン限定であり、その他のキャリアの端末では使用できません。

ところが、AndroidマーケットではSIMカードの確認のみでキャリア判定を行っているようで、docomo端末以外でもFOMA SIM(b-mobile含む)をさしてマーケットに入れば、普通にATOKもDLできます。

というわけで、イーモバのAriaにもATOKをインストールして、さっそく使っていますが、やっぱりいいですね。パソコン版の辞書もそのまま使えるので、ストレスなく文字入力が行えます。

ただ、画面の小ささもあるので、さすがにqwertyだと厳しい感じ。最近のタッチ入力ではフリックがメインなので、これはあまり大きな問題ではないですかね。

ATOK for Androidの製品版の発売が待ち遠しいです。少々高くても絶対に買いますから、ジャストシステムさん開発がんばってくださいヽ(´ー`)ノ

posted by Thyme at 17:51| Comment(2) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月19日

HEADPHON BOOK 2011

IMG_1133

「ヘッドフォン ブック 2011」買ってきました。
オマケのファイナルオーディオ製イヤホンに惹かれたというのもありますが、本の内容も読み物として面白かったですし、カタログとしても最近発売されたイヤホン・ヘッドホンの有名どころは紹介されている感じで物欲が刺激されまくりですw

ミュージシャンのヘッドホン試聴企画もちょっと短くて残念でしたけど、坂本真綾さん好きなのでそれだけで満足ですw

そして、付録のイヤホンですが、音はちょっと変わった感じで、いままであまり聴いたことがないようなタイプでした。わりと硬質な音で一つ一つの音ははっきりとした感じです。構造的にも密閉感はいまいちなので低音は控えめですが、そのぶん抜けは良いように感じました。

ただ、致命的な問題として、とても装着感が悪いです。プラスチックの外装そのままなので、耳あたりが非常に悪く、装着直後からすでに耳に当たる部分が痛いです^^;
試しに穴を開けたスポンジパッドを付けてみたりもしたのですが、多少は改善するものの、少し付けていると痛くなってしまいます。

面白い音を聴かせてくれるイヤホンだけに、この装着感の悪さはすごく残念ですね。

 

2010年12月18日

htc Aria(S31HT) 保護シートぺたっ

IMG_1124

発売日から1日遅れで液晶保護シートも到着。今回も光沢。
OverLay Brilliant for HTC Aria(S31HT)

 

posted by Thyme at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

イーモバ htc Aria(S31HT) いい感じ

IMG_1117

1日使ってみた感想。
まず、小さい軽いは大きなメリット。Xperiaは動画やWebをみるときには大画面が活きてくるのですが、日常的に使うには大きすぎるのですよね。とくにAndroidは、タッチ操作とボタン操作の両方を使うので、画面の上のほうと画面下のボタンの行き来をするような操作だと、本体を持ち直さないと指が届かなかったりも・・・

device

その点、Ariaくらいのサイズなら、片手操作でも余裕を持って操作できるので、普通に使うぶんにはこのサイズがちょうどいいのかなと思います。まあ、そのかわり画面サイズが犠牲になっていますから、そこは割り切りが必要かなとも。

IMG_1120

本体デザインも低価格機にしてはとても良いほうだと思います。
せっかく中身が黄色くなっているのに、電池カバーをしてしまうと、まったく見えなくなるのは少し残念でしょうか。あと、ちょっと驚いたのは、カメラボタンが無いのですね。

発表時から、あの形状でちゃんと入るのか不安だったイヤホン差し込み口ですが、こんな感じになるので大きめなヘッドホンとかでもちゃんとささります。あまり見た目は良くないですが^^;

device1

気になるテザリング機能は「ポータブル Wi-Fi Hotspot」として実装されています。良くあるアドホックなルーター化ではなくて、ちゃんとインフラストラクチャーでつながるのでPSPやDSなどのゲーム機のみならず、別のAndroid端末をつなぐこともできます。
ちなみに、初期状態からMACアドレス制限がオンになっているので、子機側から接続しにいくとAriaに通知が出て、そこで接続を許可すると初めてつながります。これを知らないと、最初「あれ?」って思ってしまいますね。

電池のもちは、まだちゃんと試せていないのでコメントを控えますが、あまり良くないような気が…しますw
あと、普通に使っていても結構発熱があるので、長時間連続でテザリングするとき充電しながらでもちゃんと動作し続けられるかどうかも、今度試してみたいですね。

device2

細かいところですが、標準ブラウザのテキスト選択コピペがiPhoneみたいな虫眼鏡付きになっていて、すごく便利になりました。Androidは文字の範囲選択が結構やりにくいので、他のアプリでもこの機能を使えるようにして欲しいなぁ

とりあえず、1日使った感想はこんなところです。
低価格機と侮っていましたけど、なかなかどうして良いバランスで仕上がっていると思います。動作速度も下手するとXperiaより全然さくさくに感じますし、普段使いのスマートフォンとしてはかなりの完成度ではないでしょうかね。

ただし、こと動画再生に関しては、CPUの差が出てしまうのか、NicoRoでニコニコ動画をみる場合でも、Xperiaでは高画質コメント付きで普通にみれる動画なのに、Ariaでは低画質版コメント無しでもカクカクします。

 

posted by Thyme at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月17日

イーモバ htc Aria 到着

IMG_1114

イーモバイル オンラインストアで機種変予約していたAriaが今日の朝届きました。発送メールなどもなくいきなり届いたので驚きました。

そして、この箱の小ささにも・・・w
(左Aria、右iPhone4)

posted by Thyme at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

Sony Reader ブックカバー

ソニーストアで注文していたReaderブックカバー(PRSA-SC65)が届きました。本当は赤が欲しかったのですが、入荷待ちで年内に手に入るかもわからなそうだったので黒にしました。

装着(`・ω・´)
うん。まあ、地味ですねw
でも、iPadの純正ケースに比べれば、かなり質感は高いです。右側だけがつるつるの革素材で、その他の左側から背面、裏地も同じさらさらな手触りで気持ちの良い素材になっています。

取り付け方法は本体にあけられている穴にカバーのツメをはめ込むのみ。簡単に外れるような感じではないのですが、あまりかっちりとした印象は受けません。カバー側のツメも樹脂製で結構柔らかい素材なので、引っ張ると折れちゃわないかなぁと少し不安になります。

実際に読むときには、このようにして後ろに折りたたんでおくことも可能です。Reader本体がかなり薄のでカバーがあったほうが厚みも増して持ちやすかったりもします。

そのほか、カバーの前面、背面ともに磁石が入っているようで、本体にある程度近づけると、ぴたっと吸い付いてくれます。これのおかげで不意にぴらぴら開いたりせず、安心して持ち運べますね。

デザインはもう少し・・・と思わなくもないですが、持ち歩いて使いたいのであれば、さすがに裸でカバンに入れるのは怖いですし、とりあえず、Readerを買った人には必須アイテムじゃないでしょうかね。

posted by Thyme at 04:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2010年12月16日

さすがに重たく・・・

さてさて、明日はHTC Ariaの発売日です。
わたしはイーモバのオンラインストアで機種変予約したので、発売日に届くのかはわかりません。 そんな悶々とした気持ちを整理する意味でも現在使っている手持ちの端末を並べてみました。

iPhone4(SoftBank)
フラット定額な料金プランで契約しているので、ネット関係はこれメインで使っています。あと、SoftBankな人との電話にも活用中。
iPhoneの指に吸い付くようなタッチパネルの操作感を一度体験してしまうと、Androidもその点ではまだまだだなぁと思ったりしますよね。
iPhoneは触っているだけでも楽しいですo(*^▽^*)o

SC-01B(docomo)
通話とキャリアメール(spモード)はこれをメインに使っています。もう10年以上使っているアドレスですし、docomoに愛着もあるので解約は考えられないですね。 ただ、パケット料金の高さはマイナスポイントなので、通話とメールのみでそれ以外のパケットはほとんど使っていません。WMはiPhoneやAndroidみたいに勝手に通信をしたりしないから、こういう使い方でも安心ですね。
通話とメールならガラケーでいいんじゃ?とも思うのですが、spモードメールが思いの外使いやすくて、そのままになっています。

Xperia(docomo)
Androidを使ってみたくて白ロム購入しました。でも、docomo SIMは一度も入れたことがなくて、3Gを使うとしてもb-mobile SIMを入れて使っています。docomo SIMを入れて通話に使ってみたいとも思うのですが、Androidの場合、パケット上限は覚悟しないとですからね。実際に使ってみると、Androidはホントになんでもできて、もっと速い通信速度で思いっきり使ってみたいなぁという欲が出てきたりも…w

HYBRID W-ZERO3(WILLCOM)
なにかと話題を提供してくれるWILLCOMのPHSです。パケット料金が低額固定なので、とりあえず、いつも保険として持ち歩いています。Wi-Fiルーター化しても、それなりに電池ももちますし、通信速度もメールやTwitter程度ならストレスなく使えます。ただ、最近はよく通信が途切れるようになってしまって、ルーターとしてはホントに緊急時でもなければ使わなくなってしまいましたね^^;
そのかわり、本体での操作はいろいろ設定をしたりして楽しんで使っています。SoftBank版が発売されて、また少し盛り上がりをみせていますから、まだまだ遊べそうです(*゚ー^)ъ☆

Touch Diamond(EMOBILE)
Ariaに機種変予定の端末です。外でパソコン使用時、もっと通信速度が欲しいっていうときに使ったりしていました。かなりコンパクトですし、必要最低限の機能はあるので重宝します。でも、動作のもっさり加減と電池のもちの悪さはかなりのものです^^;

あと、写真には写っていませんが…

IS01(au)
新規一括0円で購入。Wi-Fiのみの8円運用なので、スマートフォン的な使い方はしていませんが、作りの丁寧さから素性のよさが窺い知れて、これはこれで良い端末だと思います。
OSアップデートは無くなってしまいましたけど、そのぶん有志の方々ががんばっていらっしゃるようなので、そういう意味でも今後が楽しみですね。 (現在、Wi-Fiの不具合により入院中でありますw)

SO903i(docomo)
iモードやおサイフケータイが使いたいときがたまにあるので、そういうときにSIMを差し替えて使っています。よりコンパクトなSO902iもあるのですが、さすがに電池がふくらんできました><

------------------------------

それにしても、こんなに携帯電話ばかり持ち歩いているのは、スマートな行いと言えるのでしょうかねぇ(*´ω`*)

posted by Thyme at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月11日

Sony Reader (σ≧▽≦)σゲッツ

ソニーストアのモニタープレゼントで「Sony Reader PRS-650」が当たりました。発売日の10日にちゃんと届きましたよ(*^∇^)v

本体はこんな感じ。周囲のフチ以外はつや消しで、背面は滑り止めっぽい加工がされていますね。ぱっと見からしてソニーらしいデザインで悪くないと思います。

Jコミから「ラブひな」の高画質版をDLして入れてみました。
左はiPadです。この写真だとiPadが暗くて、Readerが明るく見えますけど、実際に目で見るとこの反対の見え方ですね。

iPadを横画面にした比較でも、まだiPadのほうが1ページが大きいですね。ちなみに、文字の見やすさとしては、Readerのほうは縮小拡大の処理があまり上手ではないみたいで、Readerの解像度に合わせたファイルでないと、結構文字はつぶれてしまいます(読めなくはないですが)。

ChainLPというアプリで電子書籍ファイルを作れば、プリセットにReader用の設定もあるので、それを使って作ったコミックは小さめな文字もくっきりしていて十分実用に耐える感じでした。
青空文庫形式のTXTファイルをPDFやePubに変換することもできるので、なかなか重宝しますよ('∇^d)

あと、この6インチモデルの特徴でもあるメモリーカードスロットですが、SDカードとメモリースティックは同時利用が可能です。ここに32GBずつ追加すれば、膨大な量の本を持ち歩けそうですね。
(ちなみにリーダー用に作ったコミック1冊分が25MBほどでした)

試しに手持ちのデータ50冊分くらいを入れて、いろいろ読んでみたりしたのですが、これに数百冊とか書籍データを入れて持ち歩ければ、結構な暇つぶしツールになりそうな気がしますね。

小説の文庫本とかだと、1冊持ち歩けばいいのであまり恩恵を感じないかもですが、コミックは全巻まとめて持ち歩けるのは利点になりますね。就寝前に読みたいときも、いちいち本棚まで次の巻を取りに行かなくてもいいのは便利w

ただ、やっぱり、問題となるのは、そのデータの入手方法ですよね。
ReaderStoreの品揃えは正直微妙です。自炊するにしても、初期投資に結構なお金がかかってしまうのと、実際に取り込みにかかる時間も数が多くなると無視できないものになります。

そのあたりの課題をどう克服していけるか、それが今後電子書籍がより普及するかどうかのポイントとなりそうです。

posted by Thyme at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2010年12月09日

Sony MDR-ZX700

IMG_1101

ひさしぶりに音楽用のヘッドホンを購入。
最近、1万円前後のヘッドホンは種類も豊富で選ぶのが楽しいです。

今回購入したのはSony MDR-ZXシリーズの「MDR-ZX700」です。
最上位機種の「MDR-Z1000」も気になるところですが、さすがに高価すぎて手が出せないですね^^;

まずは外観から、見える範囲は基本的に樹脂パーツでやや安っぽい。左右のハウジングのSonyロゴも見るからにシールで残念。
でも、全体的につや消し加工がなされているのは好印象です。

次に装着感、特別軽くはないのですが、直接触る部分の素材がとても優しくて重量よりは軽く感じます。側圧も弱くはないが、不思議と痛くならないですね。
装着感同様、遮音性の高さにもこのイヤーパットは役立っていそうな感じです。音漏れはハウジング部分から多少あるっぽい?

そして、肝心の音質です。モニター風な味付けということもあるのでしょうけど、一般的なSonyのヘッドホンにしてはおとなしめな音です。
高中音重視で低音は少し控えめな印象。といって、オーテクのような煌びやかな音ではなくて、さらっとしたイメージでしょうか。

定位はわりとしっかりしていて、各楽器の位置や音もしっかり聞き取れ解像感の高さも感じ取れます。しかし、ボーカルの位置はわりと近めで、ホントに目の前にいるっていう感じなので、このあたりは好みが分かれるかもですね。

こんな感じで非常にまとまりのよいヘッドホンだという印象です。細かな部分では、片出しのケーブルも1.2mと手頃な長さ、太めで安心感もありつつ、しなやかさもちゃんとあって取り回し良さそうですし、折りたたみこそできませんがサイズはコンパクトでデザインが許せるなら外出時にも使えそうかな?

購入後数日使ってみた感想としてはこんなところです。
直接の比較対象としては「SHURE SRH440」と比べてみたのですが、決して引けをとらないヘッドホンだと思います。むしろ、トータルのバランスでいえば「MDR-ZX700」のほうが人には薦めやすいかも?

2010年12月06日

MHP3 始動!

IMG_1082

ぼちぼち始めます!(*´ω`*)

武器は弓。新アクションの曲射もわりと楽しい。ただ、PTで連射すると近接武器の人には邪魔かも?w

IMG_1084

いまの装備はこんな感じです。
武器は他にも貫通水属性、クルペッコ弓、ハンター弓を作っています。あとは虫素材を使う弓があるみたいですね。

ルドロス頭を作るのに尻尾が必要でどうしようかと思いましたが、試しにソロでやってみたらあっさり尻尾斬り成功。弓の近接攻撃も出が早くなって使いやすくなってるかも?

IMG_1086

弓の必須スキル「ランナー」
とりあえず、これさえあれば、あとはどうとでも…w

 

posted by Thyme at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

2010年12月04日

イーモバ HTC Aria

S31HT_1S31HT_2

イーモバイルから「HTC Aria」の発売が12月17日と発表がありました。先日の発表会では年内発売予定となっていたので、とりあえず、予定どおりといったところでしょうか。

検討中とされていたテザリングもきっちり搭載されているみたいで一安心ですね。PC等の外部利用に制限がないのはイーモバイルの生命線でもありますから、ここは譲れないでしょう。
欲をいうなら、ベーシックの定額が3980円とかなら…

ディスプレイ、CPUなどは世代遅れな感はありますが、そのかわり非常にコンパクトで最近巨大化傾向が続くスマートフォンの中では、逆に印象に残りやすいかもしれません。

ちなみに、EMnetメールへも来年2月以降に対応予定ということです。Androidの場合、Gmailでもプッシュになりますから、イーモバのキャリアメールにどの程度の意味があるかは…ですが^^;

さて、そんな感じのAriaですが、手持ち回線にちょうど今月で縛りの切れるイーモバ音声SIMがあったので、オンラインストアでぽちっと機種変予約しちゃった(*⌒∇⌒*)テヘ♪

posted by Thyme at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2010年12月03日

PSP モンスターハンターP 3rd

10895184825

モンハンP3やっと開封してスタートしました('∇^d)
まだキャラを作っていろいろ見て回っている程度ですが、ひさしぶりのPSPモンハンなかなか楽しいですね。

 

posted by Thyme at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム

Sony Reader モニター当選

ソニーストアさんが毎月やっている「楽しい時間」プレゼントで電子書籍リーダー「Reader」のモニターに当選しました(*^∇^)v

今回応募したのは6インチモデルの「PRS-650」です。
いつもなら小さいほうに飛びつくところですが、Readerに関しては外部メディアを使えるのが6インチモデルのみということもあってこちらにしました。

iPadなどとは違い、無線の通信手段をもたない製品なので、データを移すにもいちいちUSB経由でなくてはいけません。と言うことは、大容量のメモリーカードが使えたほうが便利かなぁと…

そもそも、本体内蔵ストレージが2GBというのは少なすぎな気もするのですけどね。公式サイトによると、1冊1MB換算で計算しているみたいですけど、iPad用のデータを共用しようと思ったら、PDF形式のコミックで1冊50MBくらいは普通にあるのですよねぇ

そんなこんなで、不安もあるSonyの電子書籍サービスですが、個人的には初電子ペーパー端末ということで、とても楽しみにしてます。
そろそろ自炊できるように機材もそろえたいなぁ

 

posted by Thyme at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌