2012年01月21日

acro(IS11S) まとめ

まずはroot取得まで…

パソコンにAndroid SDKをインストールしてadbパスを通しておく。

【新・初心者向け】Android SDKの最新インストール手順2011年10月版!少しだけシンプルに解説!(smartgoods.me)

端末の設定→アプリケーション→開発→USBデバッグをON

パソコンからこちらで「DooMLoRD_v4_ROOT-zergRush-busybox-su.zip」をDLして解凍。

パソコンと端末をUSB接続して、上で解凍してできたrunme.batを実行。あとは指示に従っていれば最後に再起動して完了。

アプリ一覧にsuperuserがあれば成功。

IS11S(android2.3.4)のroot化(android root化まとめwiki)

----------------------------------------

次にCWMを使って全体バックアップ。

XperiaにおけるAndroidアプリ考察」様が詳しく説明されていますので、そちらを参照してくださいm(_ _"m)

【arc】ClockworkMod Recoveryがやってきた♪

CWMが無事にはいったら、忘れずバックアップを取っておきましょう。これでこの先のカスタマイズでOSが起動しなくなっても、バックアップ時点に戻せます。

----------------------------------------

通知領域にトグルスイッチを追加。

ここから「Power Notification widgets.zip」をDLして解凍。
ノーマルと透過の2種類入っているので、好みなほうを使います。

shot_000001

これは透過版です。

QuickPanelSettings.apk
SystemUI.apk
を/system/appに入れてパーミッションをRW-R-R(644)に変更。
同じところにあるSystemUI.odexを削除(またはリネーム)

screenshot_2012-01-21_1508

わたしはRootExplorerで…

再起動するとアプリ一覧にQuickPanelSettingsがあるはずなので、あとは好きなように設定をします。

----------------------------------------

TitaniumBackUpで不要アプリを凍結orアンインスト

まずは全アプリのバックアップを行ってから、不要なアプリを削っていきます。下のサイトのpdfがacroでもとても参考になりました。

XPERIA をroot化したらやっておきたいこと Part.2 プリインストールアプリの削除(arkdroid)

いちおう危なそうなアプリを消すときは、まず凍結で様子をみて、大丈夫そうだったらアンインストールするという手順を踏むと安心です。

----------------------------------------

あとはアプリをインストールしたり、自分の使いやすいように設定を変更したり…。acroの場合、このくらいの変更でも十分すぎるくらい快適に使えています。

ちなみにau one Marketとかキャリアサービスを使いたい場合には、ファイルの差し替えなどが必要らしいので、必要な方はroot取得前に調べておくといいのではないでしょうか。

なお、元に戻したくなった場合には、SEUSを使えばOK
これがあるからソニエリ端末はいじりやすいですよね。

最後に、これはあくまでも個人的なメモなので、同じようにやって失敗した〜といわれても、一切責任は負えませんのであしからず。

 

こちらの記事もついでにどうぞ
acro(IS11S) SuperSU+100段階表示

 

追記:
通知領域のトグルスイッチau用
SystemUI.apk

追記2:
ノーマル版をau電波に対応させたものです。

2012.05.22-01.39.29

SystemUI.apk
posted by Thyme at 15:39| Comment(18) | スマホ・タブレット

2012年01月20日

docomo Galaxy Nexus(SC-04D)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年1つ目のスマートフォンはこれだ!(`・ω・´)
XperiaでカスタムROMの快適さに目覚めて、このGalaxy Nexusも発売以降気になる存在でした。

しかし、いろいろと不便なところや機能的に足りない部分もあるのに価格は… というところで購入まではいたりませんでした。
(新型Xperiaの発表もありましたしね)

ところが、今週になって月々サポートの増額があり、お店によっては機種変でも「実質」0円になりました。
これで物欲に火がつき、さくっと購入してしまいましたw

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個人的にGalaxyシリーズのデザインはあまり好みでは無くて、たとえ性能がピカイチでも欲しいとは思わなかったのですが、このGalaxy Nexusはシンプルな中にも特徴があって嫌いでは無いかな。

4.7インチの有機ELということで、かなり本体も大きめです。ですが、重量は極端に重いというわけではないですし、薄めな本体のおかげもあってか、そこまで操作しにくいとは感じませんでした。

とはいっても、画面上端から画面下端へと指を動かそうと思うと、本体は持ち直さないと無理な大きさではある。なので、どうしても両手操作が多くなるような気はしますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

iPhone4s、Galaxy Nexus、Xperia acro

動作はややカクツク場面もあり、Galaxy S2あたりと比べると、そこまでサクサク感はないかな。docomoのアプデも海外と比べるとずいぶん遅れているみたいですし、この機種で快適に遊ぼうと思ったら、やっぱり自分でゴソゴソする必要がありそう^^;

まあ、もともとが文鎮上等な人が買う端末ですから、そこは自己責任で「壊しても泣かない」の精神で遊ぶのが一番なのでしょうね。

といっても、ブートローダーを壊しでもしないかぎり、そうそう文鎮にはならないそうですけどね。XperiaのSEUSほどお手軽では無いですが、ある程度は安全に遊ぶことができそうです。

AjmVQJeCIAIsOXW

購入後すぐにブートローダーアンロックしてCWMでバックアップ。さっそくカスタムROMを入れてしまおうかとも思いましたが、しばらくはドコモROMも試してみることにしました。

なぜか海外端末ではあまり入っていない通知領域のトグルスイッチも「MoreQuicklyPanel」というアプリで追加することができました。
2.3以前のAndroidだとSystemUI.apkを編集する必要がありましたから、ずいぶんお手軽だなぁと…

でも、なんだかんだで、また時間ができたら、カスタムROMにも手を出してしまうでしょうねぇ
というわけで、AOKPのChange logをながめる日々が続きそうですw

 

posted by Thyme at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スマホ・タブレット

2012年01月18日

BenQ XL2410T

パソコンゲーム(主にFPS)用に120Hz対応の液晶ディスプレイがずっと欲しかったのですが、この度ようやくBenQの「XL2410T」を購入することができました。

プロゲーマー監修のBenQ製ディスプレイ「XL2410T」レビュー。満を持して登場のリアル120Hz表示モデルは買いか? (4Game.net)

新モデルが出たこともあって、この年末年始で一気に値段が下がり(それでも一般的なTNパネルな液晶よりは高い)、このくらいならさくっと買ってしまえる価格かなと…

名称未設定 1

さっそく設置してちゃんと120Hzで動いていることも確認。
マウスカーソルのぬるぬる動く感じからして、60Hzの液晶とは全然違いますね。

実際にゲームをプレイしてみても、常時120fps以上出せるパソコンであれば、素早く視点を動かした際のぬるぬる感や残像の少なさで劇的な変化を感じることができます。これは一度味わうと60Hzの液晶にはもう戻れない予感がしますw

その他のシーンでも、まあ、TNパネルなので視野角こそ狭いですが、ゲームみたいに基本真っ正面からしか画面を見ない用途であれば、十分に綺麗なのではないでしょうか。

ただ、本機のウリの1つでもあるFPSモードは、ホントにFPS専用といった感じで、暗部を無理矢理明るくしており、このモードのままゲーム以外の用途をこなすのはちと辛いです。モード変更も少し面倒なので、わたしは標準モードで常用するかなぁ

この点を考慮して、新モデルでは手元で簡単にモード変更できるように改良が加えられているのかもですね。

リアル120Hz表示対応のBenQ製ディスプレイ「XL2420T」レビュー。プロゲーマー監修モデルの第2弾は,完成度がさらに高まった (4Game.net)

あと、このXL2410Tは120Hz入力があってはじめて120Hz駆動するディスプレイなので、60Hz出力までしかできないCS機では普通の60Hz駆動のディスプレイとかわりません。
さらに、120Hz入力にはデュアルリンクのDVI接続が必要で、HDMI接続では60Hz入力になってしまうみたいです。

とりあえず、パソコンで動きの速いゲームをするなら、このディスプレイを購入して損はないでしょう。価格も2万円台中盤ですし、とてもお買い得だと思います。

でも、このディスプレイを使ったからといってFPSがうまくなるかというと・・・(´・ω・`)