2013年11月22日

Adobe環境に移行


Macでの画像処理はAperture+Pixelmatorという環境でした。
Pixelmatorにはとくに不満はなかったのですが、Apertureは最近なかなかアプデがされなくて、
ちょっと微妙だなぁと思い始めていました。

そこでLightroom+Photoshop ElementsのAdobe環境への移行を考え始めていた矢先に…
↓このニュースですよ。

PhotoshopとLightroomを月額1000円。12月2日まで期間限定 - ITmedia ニュース


月額1000円の年契約なので、途中解約(解約金あり)しない限り12000円はかかりますし、
サブスクリプション制なので1年後でも解約すれば当然使えなくなります。

そのかわり、常に最新バージョンへのアプデを受けられるから買い換える必要はなくなります。
ちなみにMac/Winの両方で使えて、1ライセンスで2台までインストールできるみたいですね。

毎年買い換えるのでなければ、Lightroom+Photoshop Elementsを買ったほうが安いよなぁとか
わたしくらいの用途なら、PhotoshopもElementsで十分だしなぁとか、いろいろ考えたのですが、
結局、月額1000円のAdobe Creative Cloudを契約してしまいました(*´ω`*)

Lightroomは操作に戸惑いながらもApertureと比べて機能も豊富で触ってて楽しいです。
あと、今回の決め手になったのは、フル版のPhotoshopを使ってみたかったっていうのもある。
無駄にならないように、使い方も勉強して有効活用していきたいと思います。





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。