2013年05月09日

iPhone 音質改善アプリ


個人的には、外で音楽を聴くときにはそこまで音質にこだわってはいないのですが、それでも、できることなら少しでも良い音で聴きたいとは思いますよね。
そして、何万円もする高価なイヤホンやヘッドホンアンプを買うというのが一番の早道だとは思いますが、数百円のアプリでより良い音質を楽しめるならそれもまた…

というわけで、iPhone用の音質改善アプリをいろいろ試してみました。


amp - Audyssey Media Player App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥85


まずはこちら。
前にもどこかで触れたような気がしますが、このアプリはヘッドホンの特性をプリセットとして用意することで、ヘッドホンごとの最適なチューニングで音楽を聴くことができるアプリです。
その効果は素晴らしいのですが、プリセットの少なさが問題なのですよね。


SonicMax Pro App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥250


これは曲にエフェクトをかけるようなアプリ。
音に奥行きをもたせたり、BBEという技術で失われた音のきめ細かさなどを蘇らせる効果がある。
これも効果ははっきり体感できるのですが、やり過ぎると酷く歪んだような音になってしまいますし、ヘッドホンや聴くジャンルによっても自分で調整しないといけなくて、少し難しい。


Denon Audio App
カテゴリ: ミュージック
価格: 無料


これはイコライザーを細かく設定できるアプリ。
劇的な変化を味わえるものではありませんが、プレイヤーとしても使いやすいですし、EQのプリセットも豊富。すでにそこそこ良いイヤホンを使っているなら、これで微調整でも十分かも?


FANTABIT App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥800


音質に関する設定項目は一切なくて、用意されたものをただ聴く感じ。
この手のアプリの中ではバランスが良くて、1万円以下のイヤホンで使えば、聞こえなかった音が聞こえてきたりして、わりと変化を楽しめるかと思います。
ただ、アプリ自体の更新が止まってしまっていますし、オススメできるかというと…


RADSONE - the music player App
カテゴリ: ミュージック
価格: ¥450


と、いろいろ使ってきて、現在メインで使っているのがこのアプリ。
音質は4つのプリセット+自分で細かく調整することもできて、もちろんEQもついています。
音の傾向は自然な感じでわりとどのイヤホンでも違和感なく聴くことができます。
個人的には一番効き目の弱い「Hi-Fi」で十分ですね。


こうしていろいろなアプリ、いろいろなイヤホン、ヘッドホンで聴き比べてみると、やっぱり、良いイヤホン、ヘッドホンで聴くならEQやエフェクトは控えめなのがいいんだなぁと実感しますね。
iPhone付属のイヤホンで聴くぶんには、迫力があって良い音かも?と思っても、ヘッドホンで聴いてみると「うわ〜…」というのが結構ありました。

そういった意味では、使うイヤホン、ヘッドホンに合った再生アプリを使うことが大切なのでしょうね。


posted by Thyme at 07:09| Comment(0) | iPhone

2013年04月30日

代替RSSリーダー探し


Googleリーダーが7月1日にサービス終了すると発表され、そろそろ代替サービスを探さないとなぁと…
ちなみにいままではGoogleリーダーを「Reeder」というアプリで主に読んでいました。
(対応OSはiPhone、iPad、Macのみ。Winはブラウザで読んでます)


Feedly: Your Google Reader, Youtube, Google News, RSS News Reader App
カテゴリ: ニュース
価格: 無料

まず、使ってみたのは「Feedly
Googleリーダーからの移行も簡単。ブラウザから利用するWeb版もそこそこ使い勝手が良く、iOS、Androidの両アプリ版もフリック主体の操作は軽快で悪くない。

でも、やっぱり、ひさしぶりに「Reeder」を使うと…
できれば「Reeder」をそのまま使いたいところです。


Reeder App
カテゴリ: ニュース
価格: ¥250

RSSリーダー「Reeder」がアップデート、ローカルRSSとFeedbinに対応! - AppBank

先日のアプデでiPhone版に関してはスタンドアローンで動作するようにもなったみたいなのですが、iPhone、iPad、Macの3機種で同期をとるような機能はいまのところないみたい。
記事にもあるように、iCloud経由で同期する機能が実装されれば、それでもいいんだけどなぁ

「Reeder」はGoogleリーダー以外にも「Fever」と「Feedbin」というサービスにも対応しています。
ですが、どちらも有料。さらに「Fever」のほうは独自ドメインのレンタルサーバーが必要。

Googleリーダーの代替サービス『Feedbin』がかなり良い感じ - TechGeek

Reeder3.0が対応したFever°はフィード購読のあり方を変えるかもしれないサービス - 代助のブログ

「Fever」はさくらのサーバーでも利用可能みたいだから、$30払えば使えるんだけど…
Reederでの利用を第一に考えるなら、同じ会社が運営している「Feedbin」を使うのが簡単かなぁ

2013年04月27日

DigiFi No.7 予約!




ステレオサウンド、USBヘッドフォンアンプ付き雑誌発売」-AV Watch

DigiFi No.7」「Stereo 2013年1月号」に続き「DigiFi No.10」を予約ρ('-'* ) ピッ
今回は付録にOlasonic製ヘッドホンアンプが付いています。

Stereoのときは予約をしていなくてなかなか買えなかったりもしたから、気になる人は要予約!

posted by Thyme at 21:32| Comment(0) | 書籍・雑誌

2013年04月23日

DIGNO DUAL(WX04K) JB解禁!


「DIGNO DUAL」をAndroid 4.1にバージョンアップ 操作感はどう変わる? - ITmedia Mobile

我が家のDIGNO DUAL(WX04K)も公開初日にアプデしてみました。
すっかり忘れられているのかと思っていましたから、一気に4.1になったのは嬉しい驚きでしたね。

詳しい検証に関しては、上記記事でされているのでそちらにおまかせするとして…
体感的な部分に関しては、わたしも概ね満足ですね。
RAMも500MBほど空きがあり、1GB搭載のモデルにしてはなかなか優秀なのではないでしょうか。

個人的にはChromeが使えるようになったのが一番うれしいw
絶対的な性能では劣りますが、十分実用的なスマホになりましたね。
あとは月額コストがもう少し安かったらなぁ(´-ω-`)




posted by Thyme at 05:23| Comment(0) | スマホ・タブレット

2013年03月28日

指紋汚れ(乂∀・)




iPhone5とKindle Fire HDの液晶保護シートを貼り替えました。
ポケゲさんの「SuperProtectorEX」がかなり良い感じだったので覚書。

パッと見はなんのへんてつもないグレアな液晶保護シートなのですが、表面に施されている防汚加工がなかなかの優れもので普通の液晶保護シートと比べると断然指紋がつきにくく、ついてしまった汚れもすごく簡単に拭き取ることができます。

表面の手触りもさらさらと言うよりはぬるっとしたような、ややクセのある感触ではありますが、通常の操作で引っかかるようなこともなく、かえって使いやすく感じました。

難点をあげるとするなら、商品ページにも注意書きされているように…

------------------------------
Super Protector EX(スーパークリア)は、表面に高い防汚加工を施し、皮脂や指紋の拭き取りが容易になってます。このため、セロテープなどの粘着物が貼り付きにくくなっています。
もし、保護シートの 貼り直しやホコリ取りをおこなう場合には、粘着力が高めのテープを使って、端部から浮かせてください。一般的なセロテープでは貼り付きませんので、弊社では、布テープを貼り付けて、貼り直しなどをおこなっています。
------------------------------

これホントにつかないです。家には布テープがなくて、貼るときの位置調整にすごく苦労しましたw

あとは防汚加工の耐久性が気にはなりますが、1枚がわりと安価ですから、定期的に(気軽に)貼り替えて使えるというのもポイントかもですね。




posted by Thyme at 08:29| Comment(0) | スマホ・タブレット

2013年03月20日

HTC J butterfly(HTL21) 片手操作


購入から4ヶ月が過ぎても飽きることなく、あいかわらず気に入って使っているbutterflyさん。
画面の綺麗さには惚れ惚れするばかりなのですが、やっぱり大きい。

薄くてラウンドしたデザインのおかげでサイズのわりにはもちやすいとは思うのですが、片手で操作するためには本体を上下に移動させて持ち直しが必要だったりして、これまでに数回落としそうになったことも…

とくに最近のXperiaなどと違って、butterflyの下の3つのキーは画面外、それも下端のほうに配置されているから、右手のみで使う場合、左下の戻るキーまで指が届かない。

ホームボタンまでなら届くから、アプリの終了はホームボタンで行ってもよいのですが、アプリ内で1つ戻りたいときが問題。すべてがジェスチャー操作が可能なアプリなら…(;´Д`)

そこで、アプリごとではなく、常駐して常にジェスチャー的な操作方法で戻るキーの動作をしてくれるようなアプリは無いものかと探してみたところ…

Button Savior Non Root
ありました。このアプリがいまのところわたしの理想に最も近かったです。

Screenshot 2013 03 20 21 47 34

ちょっとわかりにくいですが、矢印のところのあるトリガーボタンを押すと…


Screenshot 2013 03 20 21 47 51

このように、戻る、タスク、ホーム、電源のソフトキーが表示されます。
一番上の凾ヘソフトキーを閉じるボタン、その次の+は2ページ目


Screenshot 2013 03 20 22 18 50

電話、カメラ、音量+−が表示されます。
表示されるキーの種類や並びは有料版だと変えられるのかな?変えられます。


Screenshot 2013 03 20 22 28 06

その他にも、最初のトリガーをボタンではなく、画面端からのスワイプにしてみたり、ボタンの位置や大きさ、スワイプの位置や感度もいろいろ変えられたりと、かなり自分好みに設定することができます。

その中でも、このソフトキーを閉じるときの動作がいくつか用意されていて、たとえば「どれかソフトキーを押したら閉じる」とか「ソフトキー以外のところをタップしたら閉じる」とか「設定した秒数が経過したら閉じる」など、これらを組み合わせて設定することができ、このあたりは良く考えられているなぁと感心しました。

数日使ってみた限りでは、特に問題もなさそうですし、今後、大画面のスマホが増えていくことを考えると、片手操作派の人には必須アプリになりそうですね。

ちなみに「Button Savior (Root)」root端末向けのもあるみたいです。


posted by Thyme at 22:43| Comment(0) | スマホ・タブレット

2013年03月07日

BLACK&DECKER orb ORB72LI


P1000253

BLACK&DECKER orb ORB72LI

机の隅っことかパソコンの吸気口とか、たまったホコリをささっと掃除したくて購入。
以前はダスキン的なもふもふで掃除していたのですが、あれも定期的に買い換えないとで少し面倒なのですよね。

充電式のコードレスハンディークリーナーとしてもわりと小型でデザインも良いのが特徴。
これだけ小さいと電池容量も気になりますが、連続使用8分とささっと掃除するには十分な時間。
しかし、一度使い切ってしまうとフル充電に3時間半もかかってしまいますから、部屋中を一気に掃除するというよりは、気になったところをその都度掃除するという使い方が正解でしょう。

吸引力も充電式のコードレスクリーナーにしては、まあまああるほうでホコリや動物の毛くらいなら問題なく吸い取ってくれます。といっても、普通のコード付きの掃除機の吸引力と比較すると、まったく比べものにはならないですけどね。なので、カーペットの掃除などにはまったく使えないと思います。

わたしの考えていた用途にはぴったりだったので、この掃除機自体買ったことには満足しています。
ですが、気になる点もあって、まず、集めたゴミを捨てるのが意外と大変。
木くずやお菓子の食べかすみたいな大きなゴミはさっとひっくり返すだけで捨てられますが、ホコリなどはフィルターにもびっしりついてしまっていて付属のブラシを使って掻き出さないと綺麗にはなりません。
あと、サイズのわりに音が大きい。仕方のないことですが、夜に使うのは厳しいレベルの騒音ですね。

最後に気になるというか… 次のモデルがあるなら改善して欲しいと思うのは、充電池の交換ですね。
リチウムイオン電池みたいだから、そんなすぐにダメにはならないとは思いますが、頻繁に使うものですし、長く使いたいものでもありますから、是非電池交換はできるようにしてもらいたいですね。
本体価格も安いから、今のモデルだと使い捨てという感じなのでしょうけどね。




posted by Thyme at 00:08| Comment(0) | どうでもいい話

2013年02月22日

2013年ゲーム事情




PCゲームの周辺機器を買っていることからもわかるように、あいかわらずFPSメインで遊んでいます。
といっても、マルチにつないで遊んでいるのはCoD BO2くらいで、しかも、発売3ヶ月経ってやっとプレイ時間が20時間くらいですから、まあ、のんびりペースですね。




Co-opゲームとしてはBorderlands2を延々遊んでいます。
シーズンパスを購入済みでDLCも頻繁に配信されるから飽きずに遊べていい感じです。
そろそろレベルキャップ開放+3周目を実装してくれないかなぁ




あとは、バイオハザード6もフレンドさんと時間の合うときにちょこちょこ遊んでいます。
そういえば、最近、5も購入してさくさくっとクリアしましたね。
レオン好きとしては、4のHD版もちょっと気になります…




PS3のDL版が急に品揃えがよくなってきたこともあって、ついつい買ってしまいます。
前から気になっていたベヨネッタもポチってしまいましたし、前述のバイオ5もDL版でした。
ディスクの出し入れせずに遊べますし、BDドライブよりは音も静かなので、DL版のあるゲームは極力DL版を買いたいですね。価格がもう少し安くなるといいのですけどね^^;




新作ゲームでは、昨日発売だったメタルギア ライジング リベンジェンスをDLで購入。
容量が19GBもあって驚きましたけど、一気にプレイして初日で1周目クリアしました(*^∇^)v
ストーリーはメタルギア外伝といった感じで楽しめましたし、ゲームシステムもベヨネッタのプラチナゲームスということでテンポよく遊べるアクションゲームとして、とても良くできていましたね。
メタルギアシリーズも大好きなので、MGS2&3のHD版も欲しい。

今後発売されるゲームでは、SOUL SACRIFICE、Bioshock infinite、バイオハザード リベレーションズは購入しようかなと思っています。




posted by Thyme at 06:13| Comment(0) | ゲーム

2013年02月02日

まじぇすたっち!


P1000246

FILCO Majestouch2 Comouflage Tenkeyless 茶軸

ずっと欲しかったメカニカルスイッチなキーボード。
とうとう買ってしまった。

いろいろ迷ったのですが、マジェスタッチのカモフラにしました。
テンキー無しが欲しくて、さらに日本語配列でかな刻印無しとなると、FILCOではこれしか…

現状、カモフラモデルには茶軸、青軸、黒軸しかなくて、一番クセがなさそうなのが茶軸なのかなと。
最近、採用モデルも増えてきた赤軸も少し気になったのですけどね。

さっそく使ってみていますが、タイプ音はやっぱりカコカコうるさいですね^^;
でも、打ち味は気持ちよくて反応も早いから、慣れればスムーズに操作できるようになりそうです。

あと、メカニカルスイッチと言うことで、チャタリング怖いです…




2013年01月31日

読書まとめ 2013年1月!


2013年に入ってから読んだ本のまとめ。



「Gene Mapper」藤井太洋

対応端末や配信方法の多さから電子書籍の代名詞みたいになっている作品。
内容は王道なSFといった感じで、設定の安定感や登場するガジェットの数々はとても魅力的でした。
やや読みにくかったり、説明不足に感じる部分もありますが、作品のエネルギーが上回っています。





「清須会議」三谷幸喜

三谷幸喜さんの監督で映画化もされる「清須会議」の原作小説です。
登場人物ごとの独白と会話のみで構成される一風変わった書かれ方をしていますが、それによりキャラクターが想像しやすく、いつもの三谷作品のイメージがしっくりきました。
内容は、まあ、コメディーとして深く考えずに読めば楽しめるかとw





「ラッシュライフ」伊坂幸太郎

一見関係なくみえる人々が仙台の街で交差する。
物語の後半、個々の線が点へと集束していく感じはまさに伊坂節という感じ。
この作家さんは端々に現れる言葉のチョイスも素晴らしいですよね。





「虐殺器官」伊藤計劃

近未来、テロの脅威にさらされる世界。厳格な管理体制によって個人を監視する。
そんな中、世界各地では突如として虐殺の嵐が吹き荒れる。
唯一の共通点ジョン・ポールを追う主人公のシェパードは真実にたどり着けるのか。
MGS4の世界観そのままに描かれたストーリーはファンなら思わずにやりとしてしまいます。





「まほろ駅前多田便利軒」三浦しをん

高校の同級生2人が再会し、共同生活を送りながら便利屋に舞い込む依頼をこなしていく。
この作品の魅力は、なんといってもキャラクターでしょう。
丁寧に描かれたまほろの情景と魅力的な登場人物、読み進めていくうちに愛おしくなります。





「まほろ駅前番外地」三浦しをん

「まほろ駅前多田便利軒」の番外編。
多田と行天だけではなく、その他の登場人物からみたまほろの日常が描かれています。
本編とはまた違った印象になったりもして面白いですね。


お正月や連休があったりして、わりと読書する時間がとれました。
まあ、ホントはもっと読みたいのですが、なかなかですね^^;
あ、ちなみに、この6冊はすべてKindleで電子版を買いました。
読むのはKindle Fire HDだったり、HTC J butterflyだったり、iPad2だったりいろいろでしたけどねw

といった感じで、2013年1月に読んだ本のまとめでした。

posted by Thyme at 19:22| Comment(0) | 書籍・雑誌